出店店舗 No.4「染工房 仙波」

旧家が残る、久宝寺・寺内町に続く国道沿い。
少し褪せた紺地に「染工房 仙波」と白で抜かれた暖簾が、
行き交う車の起こす風に凪いでいる。

12063578_407235136141080_3966438134677664440_n

八尾で工房を開いて13年目。
「クラフト(手仕事)で実経済にどこまで抗えるか、挑戦みたいなもの」と店主の仙波さん。
伝統染色法の「ろうけつ染め」を独学で学びながら、
飛び込み営業で店舗や個人の顧客を増やし
最近では落語家の楽屋暖簾なども手掛けている。

12033051_407235252807735_5905377628767780535_n

イベント当日は、ろうけつ染めで制作したストライプシャツやカモフラージュストールなどを販売する予定。
展覧会作家として活動した時期もあったが、
「作家性の滲み出るモノよりも、着るひとや身に着けるひとがストーリーを作れるような商品を」と話す。

染工房仙波

大阪府八尾市東久宝寺2-1-6
072-921-4455